おすすめ投稿

胸のサイズと女性ホルモンが少ないのには関係がある?

女性ホルモンが少ないと胸が小さいと耳にしますが、
本当のことでしょうか?

女性ホルモンが少ないとバストアップすることも
期待出来ないということなんでしょうかね?

〇女性ホルモンが少ないと胸が小さい

女性ホルモンが少ないと胸が小さいとのことですが、
バストアップしたい方はどうしたら良いのでしょうね?

女性の多くは、バストアップしたいなと思うことでしょう。
女性ホルモンとバストアップの関係はどうなっているのでしょう?

女性ホルモンが少ないと胸が大きくなりにくい状態となり、
バストが育ちにくいと言われています。

女性ホルモンが分泌されて、バストの細胞に届けられて、
細胞がだんだん発達し、胸の土台になります。
そして、その周辺に乳腺脂肪がついて、憧れのふっくらとした
胸になるんです。

女性ホルモンが少ないと、胸を育てる細胞が活性化出来ず、
胸も小さくなるということです。胸を成長させるためには、
女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが必要になります。

〇女性ホルモンと胸の関係

女性ホルモンと胸の大きさについての関係ですが、
胸が小さい原因として、女性ホルモン不足か
体脂肪不足が関わります。

女性ホルモンのエストロゲンが足りなくなることで、
胸が小さくなりやすいとのことです。

女性らしく、ふくよかなボディラインにするには、
女性ホルモンは不可欠です。バストアップするには、
女性ホルモンのエストロゲンを増加しなくてはいけません。

女性ホルモンが少ないと胸が小さいと言われますが、
女性ホルモンは生活習慣を改善することによって、
増加することが出来ますよ。

すぐにとはいきませんが、生活習慣を良くすることを
意識して生活するようにしましょう。

生活が不規則だと女性ホルモンは減少するんです。
睡眠不足も気を付けなくてはならず、睡眠不足は
交感神経作用により、女性ホルモンのエストロゲンを
少なくしてしまいます。

そして、女性ホルモンが少なくなると胸が小さくなりますが、
女性ホルモンを増加するには、早い段階でストレス解消をする、
ということもとても大事になります。

自分が好きな事や心が晴れ晴れするようなことをすることで、
女性ホルモンが自然に増やすことが出来て、
バストアップにつながっていきますし、免疫がアップし、
病気になりにくい体になることが出来ますよ。

女性ホルモンが少ないことが胸を大きくすることを妨害し、
憧れの胸になることは出来ませんので、女性ホルモンを増加し、
バストアップ出来るようにしましょう。